2011年02月23日

無形文化財

韓国の旧正月ソルラル中に大仕事を行った。

龍山で1TBのハードディスクを買い、300枚ほどのCDを取り込んだのだ。

その際にiTunesを導入し、MP3に変換したのだが

まる3日ほどかかり、ひどい肩こりになった。

その甲斐あって、いつでも手軽にマイコレクションを聴くことができるようになった

スマートフォンにも32GBのマイクロSDカードを追加したので、すべて落とし込み

300枚を常に持ち歩いている状態である。

あまり好きではなかったアップルのiTunesも使いやすく

気になるアーティストの曲はもちろんのこと、さまざまな情報を得ることができる。

つい先日も気になっていた曲を購入し、すぐ聴けることに感動したのだが

今まではCDという目に見えるものがあったのに、データしかないと思うと

ものすごくむなしく感じ、やっぱりCDは有形の良さがあり、収集癖のある私には合ってると思い

できるだけ音楽はCDで購入しようと思ったわけです。

しかしながら、自宅でパンツ一丁でも音楽を購入できるというのは、外界と接触せずとも

得るものは得れる世の中になったんでしょうね。

話は変わりますが、嫁さんにフライングVが欲しいというと

ものすごい勢いで「はぁ」って言われました。

Gibson-1958-FlyingV-Korina1.jpg

これでBLUESを弾いたら絶対かっこいいのに!

posted by fes at 01:03| ソウル | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

フライングVと聞くと、マイケル=シェンカーを思い出します。
あと、さっきでwikiを見て思い出したんですが、ポール=スタンレーとか。
ブルースをあんまり知らないせいか、ブルースギタリストと言えば、
セミ・アコを思い出しちゃうのはBBじいちゃんの影響かも知れません。
Posted by うっしー at 2011年03月06日 21:02
ギターでアーティストが思い浮かぶってのは

強烈なインパクトがあるんですよね。

フライングVはやっぱりMSG。しかし

ブルーズの巨人アルバート・キングも有名なんですよ。

そのフライングVが「ルーシー」でBBのじいちゃんが「ルシール」

マネしたマネされたでケンカになったとか。
Posted by fes at 2011年03月07日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。