2011年01月02日

大遅刻

3年ほど前から、正月は初日の出を拝みに行くのだが、毎年寒い。

今年はソウルの銅雀大橋で拝むことにしたが、やはり寒かった。

ソウルの日の出時間は7時47分。

7時過ぎには橋の上にスタンバイ。

ちなみに気温、氷点下10度。

体感温度は・・・

というより痛い。

空も徐々に明るくなり、時計を見ると7時40分過ぎ

いまかいまかと待つが、待てど暮らせど御来光の気配がない。

8時を過ぎた辺りから、脳からの信号が足に届かなくなったようで

全く動かなくなり、鼻水が出てるのも分からない状態。

ついには体も冷えてき、限界が近づいた8時21分

雲の切れ間から御来光が!!

「あぁ 今年は平和に過ごせますように あと 出てくるの遅すぎじゃ〜」

とお天道様にボヤキ2011年が始まりました。

P1013949.jpg


というわけで

本年もよろしくお願い致します。
posted by fes at 23:53| ソウル | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

ソウルで年越しをしたことがあるので、どれほど寒かったかは想像に難くありません。
あの時は、肩凝り→腰痛→膝通→動けなくなって、気がついたら発熱でした(笑)

今年もどうぞ宜しくお願いします。
Posted by うっしー at 2011年01月04日 22:31
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

ソウルで年越しとは、なかなか経験した人は少ないのではと思います。
うっしーさんが年越しした年代ならば、今より寒く、漢江が完全に凍っていたと思いますよ。しかし室内は暖かく快適なのは韓国住宅の特権です。

Posted by fes at 2011年01月05日 23:23
漢江はすでに氷が薄くなっていて、通い始めて間もなくスケートができなくなったと記憶しています。
発熱してダウンしたとき、旅館の部屋のオンドル(と言っても、温水式でしたが)の温かさが、
なんとありがたかったことか。おかげで、翌日には動けるようになりましたが、その代わり、
前日看病してくれた友人が発熱して、まるまる2日間、ソウルに足止めを食ってしまいました(笑)
Posted by うっしー at 2011年01月06日 06:23
韓国の旅館に宿泊とは時代を感じますw
今でもホテルにオンドルパンがあるのは韓国人がオンドル好きなのが伺えます。
それにしても、外国で病気になるのは大変でしたでしょう。こっちの人は結構漢方に頼ったりするので、薬を選ぶのも大変かもしれません。しかし意外に効くのが朝鮮人参エキスだったりしますw
Posted by fes at 2011年01月07日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。